読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトランダーPHEV 燃費考察 (練馬往復編)

先日、練馬(谷原交差点近く)での所用のため、アウトランダーPHEVで
遠出をしてきたのであります。
当方は長野県千曲市
練馬までは、更埴IC~上信越道~藤岡JCTを経て、関越道:練馬ICで降りる
経路なのであります。

ガソリン満タンでスタート。
現地までは片道204.5(km)。
現地界隈での微細な移動もありましたので 205(km)とし、往復410(km)。
三菱自動車 電動車両サポート」会員のため、充電料金は 8円/1分(急速)。
会員サイトを参照したところ、途中の充電(急速)の実録は、
<往路>
・東部湯の丸SA:22分(176円)
・上里SA:14分(112円)
三芳PA:30分(240円)
<復路>
・上里SA:23分(184円)
・横川SA:30分(240円)
なのであります。
バッテリ目盛りが残り10%か20%あたりで、SAVEモードに切替え
といったペースでドライブ。
そして、帰着後ガソリンを満タンにして計測。
入量:18.35(L) @109:2,000円

一般的な燃費の問いに対する「1リッター○(km)」に例えますれば、
式:走行距離(km)/燃料量(L)に準じますと、
 往復410(km)/18.5(L)→「1リッター約 22.16(km)」
ま、こんなものか、という印象。
しかしっ、SUV車種で「起伏に富んだ 上信越道」の燃費としては抜群で、
比較対象となるトヨタハリアー(ハイブリッド)」のカタログ値(21.4km/L)を
超えてますがな。

「燃料消費量」ではなく「費用」で表しますと、
 2,000円+充電代合計(円)→2,952円
となります。
3,000未満で練馬往復出来るんだ!?
前マイカーの時代よりガソリン代が下がっている事もありますが、
費用半分、という印象。

高速代を含めていませんが。