読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水槽-リビジョンアップ (Aquariumスキルアップ・水草に挑戦)

アクアリウム

前回の投稿にあるとおり、水槽の掃除と照明を敷設したら、
クリアになったと同時に、非常に殺風景になった印象。

以前から、アクアリウムスキルアップとして「水草飼育」を試みたいと思っていましたが、
底砂利にゴミやカスが沈着するのと同じで、水草用のソイルを敷いても同じと想像し、
さすれば、そこに水草を植え付けたとなれば「掃除の度に植え替えるのかいな」、、、と想像すると、
非常にハードルが高く、躊躇していたのであります。

そこで、思いついたのが「水槽 in 水槽」
「底砂利」と「水草用のソイル」を分離し、水草レイアウトはそのままに、
根が張った際には、それも傷つけず、水草の区画だけすくい上げて退避した後に、
水槽全体を掃除・メンテする。
もちろん、すくい挙げた水草の区画だけのメンテも可能。
・・・といった構想です。

最寄りのお店で、水草と備品を購入。
・中景用水草 (ポット)  ※名称:タイストリクタ
・近景用水草 (鉛巻き) ※名称:グリーンファン(ベリーショート)
・ソイル(「GEX ピュアソイル ブラック 800g」)
・肥料・栄養添加(GEX 「水草一番 栄養ブロック 9粒」)

100均ショップで、内側水槽となる「透明な升カップ」を購入。
・CLEAR CASE (CUBE型、8cm角、素材:アクリル)

f:id:miyacho-chan:20161211150830j:plain
#購入品

先ずは「中景用水草」の下ごしらえ。
・ポットを外して、根元のスポンジ(ウール)を落とします。
・指でつまんで取っていると「根」もつまんでしまうので、最後は、つま楊枝でそぎ落とします。

f:id:miyacho-chan:20161211151959j:plain
#中景用水草をポットから外し、スポンジ(ウール)の粗取り後

f:id:miyacho-chan:20161211152810j:plain
#中景用水草の下ごしらえ後

続いて「近景用水草」下ごしらえ。
・根元を板鉛で巻いているので、撤去します。(原則外すようです)
・板鉛で巻かれていた部分は、ハサミで除去。(見ての通り、腐りかかっているので)
・元気がある草体のみを仕訳。
 (ここでは「もったいないからと」全て使うのではなく、良い草体のみを残したほうが良さそう)

f:id:miyacho-chan:20161211152735j:plain
#前景用水草の購入直後を解体

それぞれの水草をザブサブ洗います。
その際に、透明なゼリー状の変なもの(「スネール」のたまご)が付いていないか確認しながら洗います。

「透明升カップ」に、ブラック・ソイルを敷き、栄養ブロック粒を仕込む。

f:id:miyacho-chan:20161211152822j:plain
#1粒でOKかと

前向き方向を決めて、植え付け。
ちょっとしたガーデニングの感覚です。
根元が、ソイルに差し込まれているを確認しながら、丁寧な作業と集中力が勝負なのであります。

f:id:miyacho-chan:20161211155721j:plain
#植え付け完了。

静かに本体水槽に沈めます。
植え付けた水草が抜けたりしないか、升に入った水で草体がズレないか、
確認しながら慎重に沈めます。
そして、場所を決めて、完了。

f:id:miyacho-chan:20161211162521j:plain
#「水槽 in 水槽」で水草の植込み作業完了

無事に定着するといいなぁ、、、と。

本来であれば、ピンセットで植え付けを行うところ、
手元に無かったため、割りばしを代用したことは事後報告ということで、、、。

あとは、不要な「スネール」が発生しないことを望むのみ。