クローゼット・バー追加敷設

「クローゼットの空間、有効活用を」と、
ハンガー掛け用のバーを追加します。

簡単施工で、壁面にバーの止め金具を取り付けても、
クロスの内側は、石膏ボードで耐久性が低い。
耐荷重も、それなりに考慮したものでなければならん。

そこで、上部に棚があるので、それにうまいこと掛けられないだろうかと、
思考を凝らした結果、、、

f:id:miyacho-chan:20210510123131j:plain
#クローゼット・バー追加敷設

といった施工で仕上げました。

コスト(材料費)も最小限で、¥3,000未満です。
久々のDIY。 楽しく施工出来ました。

クローゼット・バー追加敷設

「クローゼットの空間、有効活用を」と、
ハンガー掛け用のバーを追加します。

簡単施工で、壁面にバーの止め金具を取り付けても、
クロスの内側は、石膏ボードで耐久性が低い。
耐荷重も、それなりに考慮したものでなければならん。

そこで、上部に棚があるので、それにうまいこと掛けられないだろうかと、
思考を凝らした結果、、、

f:id:miyacho-chan:20210510123131j:plain
#クローゼット・バー追加敷設

といった施工で仕上げました。

コスト(材料費)も最小限で、¥3,000未満です。
久々のDIY。 楽しく施工出来ました。

聖湖・ヒルクライムトレーニング

ヒルクライムライドですが、
やれ「フォーム」だ、「ペース維持」だ、「ギア比」だ、
と、色々と記事を見て、理論武装をまとうよりは、断然「場数」でしょう。
という思いから、走れるときに走る、そして「登る」。

今回は「聖湖」を目指し、登ってまいりました。

千曲市立更級小学校~姨捨駅~聖湖のコースで、
約10Kmの登りで、良い感じのトレーニングとなります。

千曲市立更級小学校~姨捨駅間は、約12分。
と、 タイム更新で成長を垣間見れたのですが、
聖湖までの登坂全体タイムは、約50分。

タイムを縮めることが目的ではなかったとはいえ、
そう易々とタイム縮小(平均時速Up)は難しいか・・・。
これに懲りず、やはり「場数」、「登り慣れを目指す」ですかね。

聖湖で休憩中に空を見上げると、見事な飛行機雲が!

f:id:miyacho-chan:20210510155930j:plain
#休憩中の空

f:id:miyacho-chan:20210510160022j:plain
#今回のライドコース 走行距離:約 31.8㎞ 獲得高度:698m (Strava GPS記録)

ツール・ド・美ヶ原 2021 【試走】

先月の「富山湾岸サイクリング」が中止になった影響もありますが、
あまり間を置かずに参加できるライドイベントとして、
ツール・ド・美ヶ原 2021」の開催記事を見つけました。

「んー、己の脚力でいけるかなぁ・・・」
「んー、心肺、もつかなぁ・・・」
「GWだし、試す?」

ということで、、、
ツール・ド・美ヶ原」のコースを試走してまいりました。

スタート地点であります「松本市営野球場」から走り始め、
ウォーミングアップが出来ないまま、いきなりの激坂区間に襲われ、
後は、7%~12%の勾配登坂を繰返し、
途中で折られそうな心を、奮起して持ちこたえながら、
なんとか、やっとこ、登り切ったのであります。

ここで襲いかかってきたのが「寒さ」!?
標高1,900mともなれば、さすかに寒みぃ~っ!!

18Kmほど登りっぱなし。
タイムは、約2時間!!
おぉー、初トライとしては、まずまず。(自己評価)

お? 本番でのタイムアウト足切り)はクリア、セーフだぞ!?
目標「完走」で、無理なく挑む前提でエントリーしてみる?

新たなモチベーションにしてみることにいたしました。

f:id:miyacho-chan:20210506212107j:plain
#峠の登り切り付近(松本・安曇野盆地の眺め)

ゴール地点は、ちょい先なのですが、
ほぼ登り切り地点なのと、とにかく寒いので、引き返すことにしました。
(ウインドブレーカーを常備しておいて、良かったっ)

ただ、下りもなかなかの勾配で、ゆっり安全に下るには、
ブレーキ(握力)も厳しかったです・・・

f:id:miyacho-chan:20210506212143j:plain
#今回のライドコース 走行距離:約 38㎞ 獲得高度:1,310m (Strava GPS記録)

ハグコット

魅力的な「ガチャポン」があったので、
無邪気・無心・無欲でやってみたところ、
これまた魅力的なアイテムをゲットしたのであります。

f:id:miyacho-chan:20210506204641j:plain
#ハグコット(トム&ジェリーの「トム」)

「コードに掴ませておくものなのかな?」

ということで、、、

年甲斐もなく、リアブレーキのケーブルに付けてみました。

f:id:miyacho-chan:20210506204715j:plain

#リアブレーキ付近

ただ掴ませるだけでは、落とすこと間違いなしなので、
結線バンドで固定。

んっ、むむっ、微妙にテンション・アップ。

富山湾岸サイクリング 2021 【中止】

ロードバイクを始めて、初のライドイベント参加として待ち焦がれておりました、
「富山湾岸サイクリング」
の開催日を迎えました。

f:id:miyacho-chan:20210506193821j:plain
#前日の準備(ゼッケンも雨対策)

天気は荒天予報。
ただし、前日までに中止の連絡は無く、
むしろ「開催します」との掲載。
「当日の朝に最終判断」と思われる文言もありましたが、
現地待機は必須となり、夜中に現着。

朝、4時前となり、駐車場も開場。
駐車場係員も何人かスタンバイされ始めました。
公式サイトが更新されてチェックいたしますると、恐れていた文言が・・・、

「中止」

ちゅうしぃ~っ!!

わが身から「魂」が抜けていく感覚がありました。。。

駐車場係員に「公式サイトの更新」と「中止」になった事を伝え、
いつまでも居れないので、近くの道の駅に一時退却。
わずかな仮眠の後、目の前に慰めの光景が、、、

f:id:miyacho-chan:20210506193847j:plain
#ささやかな日差しの光景

だだ、度々強風は荒れ狂い、断続的に強雨・豪雨をくらいます。

「こうなったら、漁港・市場で、朝飯じゃ!」 ということで、
氷見漁港にあります「魚市場食堂」に行ってまいりました。

f:id:miyacho-chan:20210506193903j:plain
#外観

f:id:miyacho-chan:20210506193919j:plain
#2Fへ向かう階段

f:id:miyacho-chan:20210506193935j:plain
#2Fに店の入口

数組の先客がいらっしゃいましたが、店内も広く、密は回避。

f:id:miyacho-chan:20210506193953j:plain
#着席(漁港の眺め)

迷わず「海鮮丼」を発注。

ライドイベント用に、

f:id:miyacho-chan:20210506194012j:plain
#ウィーダー in ゼリー

を、朝飯にする予定が、

f:id:miyacho-chan:20210506194028j:plain
#海鮮丼(並盛) に、化けました。

新鮮で旨い、贅沢な朝飯を喰らい、
イベント中止で凹んでいた気分も、いくらか癒されました。

帰る途中で、スタート開場に寄りましたら、
参加者向けに、エイドステーションで配るはずだった「物資」をいただき、
さらには、、、

f:id:miyacho-chan:20210506194045j:plain
#完走証

までもが配られてましたので、いただいてまいりました。

「確かに、走破する自信はあったけどさ・・・」
と、そんな富山遠征なのでありました。

天狗公園・ヒルクライムトレーニング

本日は強風予報、天気も下り坂。
あまり遠出はせずに、近場でライドかなぁと。

そうだ!
「天狗リベンジ」をしよう。

千曲市の、しなの鉄道戸倉駅」の裏(山)側に、
「戸倉キティーパーク」という、桜の季節には斜面一体が桜で覆われる公園があり、
そこを九十九折りで縫うように、登坂道があるのです。

中腹に巨大な「天狗像」があるため、通称「天狗公園」なのであります。

そうなのです。
昨年の私のスキル・パワーでは、全く歯が立たず、
無残にも登りきることが出来なかったのであります。

近隣の登坂道を攻略できているので、
今度こそはリベンジを果たすべく、
トライしてまいりました。

息絶え絶えではありましたが、なんとか登り切り、
リベンジを果たせたのであります!!

f:id:miyacho-chan:20210322134216j:plain
#登り切った「宮坂峠」頂上付近からの眺め

長野県のWebサイトでも掲載されてますので、ご参考に。
https://www.pref.nagano.lg.jp/chikuken/koho/ko-susyoukai.html

次回は、桜の時期に防衛線じゃ。

f:id:miyacho-chan:20210322134256j:plain
#今回のライドコース 走行距離:約 23.8㎞ 獲得高度:355m (Strava GPS記録)