アルプスあづみのセンチュリーライド - AACR 2020 にエントリー

ロードバイクを初めて、約1年が経とうとしております。
今年は、念願の「アルプスあづみのセンチュリーライド (AACR)」に参加するべく、
エントリーをいたしました。

AACR の一般エントリーは「RUNNET」というサイトで、
1/25(土)の18:00から受付開始でありました。

事前に「RUNNET」のユーザ登録を済ませ、準備万端。
5分前からスタンバイ、あとは「エントリー」をクリックするだけの状態で待機。

「AACR 2020」のサイトを再表示すると、
負荷軽減のため、文字情報のみに切り替わっておりました。
(イベント人気の高さ、エントリー可か不可かのプレッシャーを感じるのであります)

いよいよ1分前、念のため「RUNNET」のページを再表示。
18:00になったと同時に「エントリー」をクリック!!

・・・
「混雑しております、30秒後に再表示を・・・」
・・・なぬっ!!

全国の猛者たちが一斉にエントリーしとるかっ!
30秒なんぞ、待てんっ!!
すかさず再表示っ、再表示っ、再表示ぃーっ・・・

おぉーっ!!開いたぞぃ。
つかんだセッションは放さないぞぃ・・・。

とまぁ、こんな感じで無事にエントリーが行えました。

AACR は昨年と同様に「桜 (4/26)」と「緑 (5/23)」に開催され、
私は「桜 (4/26)」 コース距離160km 1組目(AM5:30スタート) に、
エントリーしたのであります。

最近啜った「ラーメン」たち

仕事での出張先、地元のラーメン屋さんに行く機会が度々あり、
まとめてアップすることにいたします。

・1/8(水)
1箇所目出張先は車移動で栃木、翌日の出張先が仙台だったので、
その足(車)のまま仙台に行ってまいりました。
帰り道に立ち寄った「吾妻PA(上り)」にあります「会津屋」で、
夕食をといただきましたのが、「一枚炙り鶏らーめん」

f:id:miyacho-chan:20200130102905j:plain
東北道(上り) 吾妻PA内 「会津屋」 一枚炙り鶏らーめん

・1/18(土)
日帰り温泉のサウナで、心身ともに整った帰り道、
遅めのお昼ご飯をと立ち寄った「らあめん寸八 戸倉店」。
初めての訪店だったので注文するのは、メニューの左上に際立つ存在感、
そのお店のメイン・オブ・メニュー、「豚骨醤油らあめん」

f:id:miyacho-chan:20200130102922j:plain
千曲市 「らあめん寸八 戸倉店」 豚骨醤油らあめん

・1/21(火)
出張先で若干早めにお昼外出し、
並ぶことなくスムーズに、「麺処 にっ田屋」に入店。
私に限らず、誰もがこれを欲っして、この店に行く。
注文したのは、この店のメイン・オブ・メニュー、「しょうがラーメン」

f:id:miyacho-chan:20200130102936j:plain
栃木市 「麺処 にっ田屋」 しょうがラーメン (大盛)

フライパンでホットケーキ

使い始めて何年経ったか。
我が愛用する「フライパン」ですが、
底面の黒い被膜が、良い感じに定着しております。

今回が初めてではありませんが、
ホットケーキも、上手く、焦げ付かずに、
焼くことができます。

我が家のコンロはIHですが、
中火でフライパンを余熱し、
濡れたキッチンペーパーをあてて、表面温度を下げ、
弱火にして温度を安定させます。

すると、表面がムラ無く焼けるのであります。

f:id:miyacho-chan:20200115161429j:plain
#ホットケーキ

全国高等専門学校ロボットコンテスト 2019 全国大会(国技館)

今年も行ってまいりました「国技館」。

息子が活動しているロボコンチームも、昨年に続いて全国大会に駒を進め、
応援、および大会雰囲気を味わうべく国技館に行ってまいりました。

朝6:30 息子は仲間とバス移動のため長野駅集合。
送りに来た我々も、自家用車で6:30頃長野駅を出発。
道中は順調で、10:00過ぎには国技館へ到着。
(車は最寄りのコインパーキングを利用)

前回(昨年)は団体での入場でしたが、今回はネットから申込んで、
入場ハガキを手配した一般観覧で、少々勝手が不明なのであります。

国技館に到着するやいなや、我々と同じ一般申込観覧の行列ができており、
すぐさま行列に加わることとにしました。
開場前の時間帯ではありましたが、何故か行列は順調に進み、
ほどなくしてロビーに入場。
すると、入場ハガキと交換する形で「指定席券」を受け取り一旦ロビーから退出。
なるほど、これで開場時刻までは自由にできるのか、と、
お昼を済ませようと周囲を散策しましたが、
「大会会場の開場11:15~」に対して「開店11:00~」のお店が大半で、
コンビニでお昼を調達し、開場時刻を待つことにしました。

開場時刻になり国技館に入って係りの方に席を確認しますると、
何と「正面1F枡席」でございました。
見やすさ抜群なのであります。
「1枡4人」のイメージがありましたが「1枡2人」で、
足を伸ばせて座れるのであります。

f:id:miyacho-chan:20191126142211j:plain
#枡席からの眺め(昼食弁当中)

f:id:miyacho-chan:20191126142231j:plain
#オープニング直前

私自身、地区予選(関東甲信越)大会は仕事の都合で見れませんでしたが、
今の時代、ネット配信による動画をチェックすることで、
今回のルールや観戦ポイントは予習済なのであります。

f:id:miyacho-chan:20191126142249j:plain
#開会式(出場校選手のみなさん)

大会・対戦内容は、NHK(地上波)の放送までしばらくあるので、詳しくは語れませんが、
さすがに全国大会、レベル・クオリティーが高く、白熱した対戦が多くて、
見ごたえ抜群でございました。
会場での生観戦の醍醐味ですね。

桝席で、しかも正面席での観戦で、大変印象深い観戦でありましたが、
腰・尻の負担軽減対策がなかったため、その点は苦慮しました。
次回は何かしら対策が必要ですね。(観戦スキルUP)

トレーニングライド

本日も長野市街地への用事へと、サイクリングをしてまいりました。

この時期、ウェアの選択に苦慮します。
防寒・防風を求めたいのですが、あまり厚いウェアだと暑過ぎて、薄いと寒いし。。。
外の気温を確認したら、雲天で少々ヒンヤリしたので、
防風のジャージを着て出かけたら、少々暑くて思いのほか汗をかき、
反面、インナーに着たままでいたTシャツが汗で湿り、冷たくてほんと苦慮しました。

午前中に出発し、目指しますはラーメン屋「ふくや」。
時間帯と走行ルートにより、吉田四丁目店に訪店、
ど定番の「中華そば」するのであります。

f:id:miyacho-chan:20191128091101j:plain
#ふくや「中華そば」 (並)

昼食でエネルギー・チャージも済ませ、用事先に近づくべく、
ルートとしては少々大回りですが、城山公園に向かうべく、
長野市徳間(サンロード)~檀田通りの上り基調なルートを、
向かい風の中走行します。

さらには長野市箱清水を走行し、城山公園で小休憩。
程よいトレーニングなのであります。

f:id:miyacho-chan:20191128091120j:plain
#晩秋の城山公園にて (以前、桜を背景にして撮影した場所)

用事も済ませた後の復路。
ほぼ平坦ですが、上流方面へ帰るので上り基調、
ずーっと、ひたすら向かい風な中、帰還するのでありました。

f:id:miyacho-chan:20191128091136j:plain
#今回のライドコース 走行距離:約62km 獲得高度:497m (Strava GPS記録)

伊那・駒ヶ根名物 ソースかつ丼 (伊那市:信濃路)

仕事(出張)ではございましたが、
長野県は南信地方へ出かけて松川町から北上し、
お昼の時間帯は伊那市へと参りましたので、この界隈の名物であります、
ソースかつ丼」をいただいてまいりました。

お客様に教えていただいた「信濃路」に訪店。
長期にわたり営業しておられると思わしき老舗なお店で、
我々が訪店の際も、駐車場がほぼ満車なほど賑わっていて、
地元の方も薦める、間違いない店なのであります。

f:id:miyacho-chan:20191223110511j:plain
#信野路「ソースかつ丼

甘めのソースが滲みつつも、衣はサクサク感炸裂でお肉も柔らかく、
大変おいしくいただいたのであります。

これでまた、出張時のランチレパートリーが増えたのであります。

どさん娘-望月店 肉みそラーメンを喰らう

佐久市(旧:望月町)にありますラーメン屋さん「どさん娘」に行ってまいりました。

この店はかなり長い間営業されており、地元内外問わず、
常に混んでいる繁盛店であります。

「どさん娘」はチェーン店でありますが、
「どさん娘」「どさん子」「どさん子大将」と、似た名前のお店は数あれど、
こちらの店では、メニュー名の頭に「肉」がついている料理に、
トッピングされている焼肉が独特で、チャーシューとは違う、
まさに「焼肉」が乗っているのであります。

迷わず「肉みそラーメン」を注文。

f:id:miyacho-chan:20191103130148j:plain
#どさん娘-望月店「肉みそラーメン」

トッピングされている焼肉は、甘めのタレが絡みつく食べごたえがあるのであります。
見た目シンプルですが、タレと肉がマッチした味が病みつきになり、
タレがラーメンスープに流されないように、タレ感をキープしながら喰らうのであります。
頭文字「肉」シリーズですが、
「肉醤油ラーメン」「肉みそラーメン」「肉塩ラーメン」「肉コーンラーメン」
「肉チャーシューメン」「肉やきそば」
いずれも、この焼肉がトッピングされているのであります。

佐久方面に出かけた際の、食事候補筆頭のお店なのであります。